ストーンが施術してある時のクリアジェルの塗り方

スポンサードリンク

いよいよ自分のつくったネイルのクリアジェル。ジェルカラーの中での最終です。ストーン等がある場合、それまでの下地が綺麗に出来てないとストーンの凸凹が出てしまって、トーップコートが溜まり透明感がぼけて(歪む感じです)しまったりすることがあるので、クリアジェルは綺麗に整えます。その分綺麗に出来た時は、ネイルにトップコートによって命が吹き込まれたように綺麗に輝きます。ハードジェルの場合はトップコートが要らないのでココで完了となります。ソフトジェルは最後の仕上げのトップコートがありますので、丁寧に自分の手に覚えさせていきましょう。

ストーン 爪の中心より少し上 下に引く

タップリ目にクリアジェルをとり、まず真ん中より少し上の辺りにジェルを乗せます

ジェルを伸ばすような感じでキューティクルにむかっていきます

そして、そこからキューティクルから先端に向かって、ストーンをかぶせるようなイメージで塗っていきます

キューティクルまで押す 根元までしっかりと 手前に引く

サイドラインに沿ってはみ出さないようにここでもかぶせるように塗ります

反対側も同様に塗っていきます

ストーンが乗っている分の凹凸を出来るだけ滑らかにするイメージで塗っていきます

タップリ塗って完成 UVライト ファイルで整えて

角度を変えて、表面にムラがないよう、盛り上がりをチェックします

UVライトで硬化させます

ジェルワイプで未硬化ジェルを拭き取ります

両方綺麗に

流れ落ちてきているジェルを削って完成です

スポンサードリンク

スポンサードリンク