自宅ネイルサロン 無資格金無しからの独立開業

ネイルサロン独立開業用品をそろえる前につける知識

スポンサードリンク

自宅開業するには

ネイルの技術はある程度ある方との前提で進めます。資格(検定に受かっている、受かっていない)関係なしにして、よく友達に施術している、また、サロンで仕事をしている、していた方(3級程度の知識は必要)が対象です。やり始めると分かるのですが、新規集客などはもちろん必要で大きな課題です、が、ここではお客様関係なしにして、まず、自宅でサロンを開く為に最低限いるものを!!という内容です。

0からの経営開業で私がしてきた事を教えて行きますねサロン集客方法説明 完全無料で集客出来るホームページを作る方法

ネイル 開業に必要な用品達

美を追求

自宅でネイルサロンの一番の良いところは、まず始める時に、そんなに大金は必要ないトコロです。私も含めてですが、少しずつお客様が増えていくにつれ、自身もレベルアップして、ネイルで貯めたお金でさらに用品を増やしていく。知り合いの方は、それが高じて本当に店舗サロンを出店した人も何人かいます。大雑把に簡単に分けてしまえば、ネイル用品、机、椅子、場所だけです。後はモチベーションと大切なのは接客です。それに技術が付いてリピーターが増えれば、循環させることに集中します。

実際のデータを見てやる気になる

 

 


 自身が使いこなせるネイル用品

自分が一番得意とする種類の用品は必ず必要です。ジェルでも、ハード、ソフト、両方出来る方は両方あったほうがいいですが、最低限カルジェルならカルジェル、ハードならハードの1種類でも一通り施工できる用品があればいいです。それをウリにして始める訳なので。

ネイル 机

ネイルを施工する為の机です。ライトは絶対の必需品なのでセットです。引き出しが付いているものをお勧めします。高さは人によってそれぞれ使いやすさがちがいますが、必ず自分にあった高さを使用しないと・・・・・・施工中疲れてしまいますので

ネイル 椅子

開業に必要

自分自身が座る椅子と、お客様の座る椅子の2つが必要です。やはり、お客様のほうは疲れない椅子、肘掛が付いていて、背中の段差も調節できるものを用意したいですね。自分が座る椅子は自分の好みでいいのですが、お客様のは重要なので、間違っても施工する側の椅子を良いのにしない様に・・・・基本はお客様です。

ネイル 場所

美を追求

自宅でするのですが、商売は商売なので、一室を空けるのがベストですね。生活観が漂っていると、お友達周りだけのうちはいいのですが、新規のお客様が来るようになると、かなりのマイナスイメージです。一室、空けれない方は雰囲気のよいインテリアなどでなるべく生活感をださずに清潔を心がけないと、リピーターが・・・・となってしまいます。


出張ネイルも合わせると・・・

自宅サロンをやり始めは、お友達、またそのお友達で、忙しい日が続くと思いますが、すべてがそう順調に行く事は、市場調査、マーケティング、新規集客等をあらかじめしていないと難しいと思います。そこで、施工したお客様に渡す名刺に出張もあります!!と書いておくと目立つみたいです。ネイリストナナも、なんとなく出張とかいただけなのですが、それが結構、話のネタになるらしく、出張やります!!ってかいてあるのに「じゃ、行ってみよっか」という人が結構みえました。そして、その人達が更にまたお客さんを呼んできてくれて・・・。

税務所に登録

この出張ネイルの用品といっても大きなバック(四角い硬いヤツです)が2つぐらいですんでしますので、初期投資もほとんどかかりません。ただ、出る時につめて、帰ってきてまた出して・・・・が・・・。  そんな方は、中身までもう1セット購入すると楽です。私は、今は自宅と出張用ばらばらで使用しています。もちろん今は、ですので、初めは兼用してましたけど。

スポンサードリンク

最後に 税務署へ登録に

忘れずにしてくださいね。  税務署へ行って個人事業者の登録はしてきてくださいね。  簿記3級レベルがあればやりながら覚えることができます。会社という人は、企業永続(ゴーイングコンサーン)を目的としています。好きな仕事をしながら社会に貢献できるというのは楽しいことですよね。そして、また皆様に喜んでいただける、そして、美を更に追求したくなるよう頑張りましょう。

名刺・パンフレット・チラシ  施工料金決め

ココまで出来たらちょっと遅いくらいですが、施工料金を決めます。それは、周りに合わせる必要は全くありません。私は割りと低く始めて、レベルアップする度に料金も上げてきました。お客様が一目で分かり、納得できるような料金体制をつくりましょう。細かくシッカリ書くのが大切ですが、名刺等だと書ききれませんので肝心な事だけは必ず書くことにしましょう。

開業準備と知識がそろったら

以上で、後は実際に、お客様を呼ぶ為に、集客(チラシ、広告、名刺配り)を開始する訳ですが、それは、また専門のホームページで勉強してください。一度来たお客様を絶対にリピーターにする!!という気持ちですれば、思っているより、うまく進むと思います。行動なければ何も始まりません!!まずは行動です。頑張りましょう。

スポンサードリンク