ネイル用品 3Dアートの作り方・置き方

スポンサードリンク

3Dアートネイルの作り方、置き方を紹介します。ネイルでの3Dアートは立体感が出るのが特徴です。まるでネイルの中から飛びでそうな臨場感溢れるアートから、丸みを帯びて河合らしい3Dアートまで・・。練習すれば、ドンドン上達するのも3Dアートの作り方の特徴なのでネイルのセンス、アートのセンスがあるなしに関わらず、頑張りましょう。

3D混ぜる 少し置く チョンチョン

カラーパウダーをオレスでしっかり混ぜます

筆にリキッド(パウダーを固める液)を含ませて、パウダーをつけて(チョンって感じ)、この様にボールの状態で爪において作ります

ボールの真ん中を突くとこの様な形になります

3Dアート 3Dアート 3Dアート

形を微調整しながら進めます

バラの形は様々ですが、ココではアートの時と同じ巻いてるようなイメージで作っていきます

ボールを三角にする感じで作っていきます

3Dアート 3Dアート 3Dアート

三枚目も同様にまず3Dボールを描く位置にボールを作り置きます

同様に、巻いてるような感じで作ります

四枚目も同様に作っていきます

綺麗に 葉を 作る

次に葉っぱとなる緑の3Dパウダーでボールを作り置きます

ボールの上を引っ張るような感じで、雫みたいな形にし、真ん中を割るようなイメージで線を引きます

もう一枚3Dパウダーで葉っぱを作ります

完成 完成

反対側も同じ感じで合う様に作ります

後は3Dパウダーを微調整をして完成です

スポンサードリンク

3Dネイルアートの作り方で上達??(本・雑誌は大切)

スポンサードリンク

3Dネイルアートの作り方で、初心者の方がココまできたら・・・後は練習あるのみです。センスのある人との違いは新しいモノを生み出せるかどうかだけで、技術は関係ありません。それこそ少しずつでも毎日する事によって1ヶ月もしないうちに自分でも驚くほど上達するでしょう。もちろん練習する時は本や雑誌等をお手本にするのは上達を早めるコツです。頑張りましょうね。

スポンサードリンク